PR
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    講演録
    0
      昨年、宮田先生の講演会の際、頂戴いたしましたカンパは、全額、講演会の会場費に充てさせていただきました。
      ありがとうございました。

      宮田先生の講演内容は、CS支援センターの会報2013年12月号と2014年2月号に分けて掲載中です。
      これとは、別枠で講演録も発行する予定でCS支援センターと協働でただいま準備中です。

      詳細が決まりましたら、お知らせいたします。
      | - | 12:25 | - | - | - | - |
      宮田幹夫先生の講演会は、大盛況!
      0
            

        おかげさまにて120名を超える方に参加いただき、宮田先生の講演は大好評でした!
        アンケートも、90名以上の方にご記入いただき、講演内容についての反響の高さが窺われます。
        遠方よりもご参加いただき、名古屋、茨城、なんと北海道の北斗市から来られた方も!
        参加者は、患者だけにとどまらず、お子さん連れのお母さんなど一般の方にも大勢足を運んでいただきました。




        多くの方が、 何の疑問も持たずに使用している様々な日用品や食品に入っている化学物質、携帯やスマホなどの電磁波の危険性について、わたしたちは、広く一般の方に伝えたいと思い1年前から準備してきました。特に、宮田先生のメッセージを子育て中のお母さんたちに伝えたいと願い企画しました。なぜなら、化学物質や電磁波の危険性は、感受性の高い胎児や子どもたちの方がぐんと高いからです。

        テレビなどでは、スポンサーとの兼ね合いから、これらの危険性について、なかなか取り上げられることがありません。

        今回、宮田幹夫先生に、分かり易く楽しくお話しいただきました。

        わたしたちは力不足(資金面も人手も)で託児を準備できず、お子さん連れのお母さんの参加は2組と少なかったものの、参加してくれたことを嬉しく思いました。参加されたお母さんはお子さんの声を気にしてか、途中で外に出られましたが、ロビーに流れる宮田先生の音声を熱心にメモってらして、確かな手ごたえを感じました。

        皆さんに、熱い宮田先生のメッセージ届いたと思います。
        どうか、日々の暮らしに活かしていただきたいと強く願っております。
        最後になりましたが、参加者の方々から沢山のカンパを講演会の費用や今後の活動のために頂戴しました。感謝いたします!

        宮田幹夫先生、ご協力いただい方々、どうもありがとうございました!

        終了後ロビーで
         様々なチラシを手にする参加者
           

         広報にご協力いただいた パルシステム生協 と 生活クラブ生協               

           
               










                                    
                                                                                                                                
                                                                                                  
              

                                スタッフ、先生を囲んで!
        | - | 16:54 | - | - | - | - |
        講演会のチラシ
        0
          10月1日の 宮田幹夫先生の講演会チラシです

          広告業界の常識?コピーの100本ノックまではいきませんが、何度も会のメンバーで集まり、昼抜きで会議を続行したりと皆で、何時間もかけて作成したチラシですどうぞご覧ください。
          (民主主義は、面倒くさくて時間がかかるのだ〜
          ※昼抜きになってしまったのは、無農薬・無肥料、添加物無しの食材しか食べられないメンバーもいるからです。
           

          表面
          http://web2.nazca.co.jp/nochemi/%B5%DC%C5%C4%C0%E8%C0%B8%B9%D6%B1%E9%B2%F1.PDF


          裏面 http://web2.nazca.co.jp/nochemi/%B2%BD%B3%D8%CA%AA%BC%C1%B2%E1%C9%D2%BE%C9%C0%E2%CC%C0-3%C8%C7.pdf

          実際の印刷は、水色の色紙です(一部白でも)。用紙の安いところを探して、船橋市民センターのあたりを回りました。勿論、自分たちで手刷りです〜。

          船橋市広報 9月15日号に情報が、掲載予定です。
          パルシステム千葉
          のぱるのおと 9月9日〜13日号にも記載予定です。
          | - | 11:35 | - | - | - | - |
          講演会のお知らせ
          0
             日常にひそむ有害物質から身を守るには
            〜あなたと、あなたの大切な人のために〜
            ケイタイやIHって本当に大丈夫?
            子どもやお腹の赤ちゃんには、どんな影響があるの?
            頭痛のモトは香り?
            庭の消毒でIQ低下? 認知症?
            除菌で発作?!
            この体調不良・・・ 原因は、毎日使っているアレ?コレ?

            託児はありませんが、お子さん連れもどうぞ〜。

            お母さん集まれ〜!

            日時:10月1日(火) 

              10時〜11時45分(開場9時30分)

             

            会場:船橋市民文化創造館  きららホール

            フェイスビル6階

            JR・京成・東武 船橋駅 南口 徒歩2分       

             

            講師:宮田 幹夫 先生 

            そよかぜクリニック院長 北里大学名誉教授

             
            北里大学にて、長年に渡り化学物質過敏症の治療と研究にあたる。

            プロフィール】
            名古屋市立大学医学部卒業 
            米国UCLAジュールスタイン眼研究所 研究員
            北里研究所病院 臨床環境医学センター部長
            米国臨床環境医学アカデミー会員 日本臨床環境医学会顧問


            著書】丸善出版「生体と電磁波」

                保健同人社「化学物質過敏症」 など
              

             入場無料 先着100名様まで(申し込み不要)

             

            主催 生活環境を健康にする会 
             
            問合せ   seikatukankyo@gmail.com

             

            ※お越しになる皆さまへのお願い

            香料(柔軟剤の強いニオイも含む)や、整髪料、除菌剤、クリーニングに出したばかりの衣服、衣類に残っている防虫剤などに反応し、具合が悪くなる方もいますので、控えていただけますようお願いいたします。

            ↓船橋市民活動センターでミーティング中のわたしたち

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             



             

            | - | 11:43 | - | - | - | - |
            農薬を吸い込んでいるかも?&1年間の活動報告など
            0
               ブログ、更新せずすいません。
              猛暑厳しい中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

              ●農薬は、田畑だけで使用する?
                皆さんは、農薬は田畑で使用するモノとお思いかもしれません。

              実は、電車やバス、百貨店、ホール、市役所や公共施設の室内、
              街路樹、公園の樹木、植物園、マンションの緑地や個人の庭、。。

              と至るところで、頻繁に農薬は使用されています。

              たいがい、消毒(?!)や薬剤散布という名称で、農薬(殺虫剤)が使用され、知らず知らずのうちに私たちは、吸い込んで影響を受けている危険性があります。

               

              日本は、アスベストを先進国で最後まで使用し続けた例からも分かるように化学物質の規制がきわめて緩いです。農薬も同様です。欧米では、予防原則が適用されます。

              近年、神経毒性の危険性が指摘されEUや米国において使用禁止に追い込まれた農薬(殺虫剤)も、日本では何ら規制の検討がされず、そのまま放置されいまだに使用されているのが現状です。ご存じでしたか

               

              しかも、それらの欧米では使用禁止の農薬(殺虫剤)は、日本においては幅をきかせており、身近な生活の場〜庭やマンションの樹木などにもよく使用されています。つまり、あなたのお住まいのマンションの緑地へ、薬剤散布があったら、欧米では使用禁止の農薬成分を吸い込んだ可能性が高いです。

              また、野菜や果物などへの残留農薬も、EUと比較するとケタ違いに緩いです。

               

              日本は、国土も狭く農薬を頻繁に使用する農地が住宅地のすぐ近くにあったりするため、一体どれだけ日本人は、農薬にさらされ影響を受けているのか。。。計り知れません。

              人が常時過ごし居住する住環境や、生活の場では、危険性を回避するために、農薬(殺虫剤)の使用を控えるに越したことはありません。

              化学物質に過敏な方だけではなく、感受性が高い胎児や子どもには、くれぐれも配慮して安全な生活環境=空気環境を周囲が整えてあげる必要があります。それは、周囲の大人たちがすべき、大事なことです。

               
              ●国から出ている通知などについて

              欧米とは比較にならないのですが、農薬や殺虫剤で人や環境に負荷をかけないようにと、国からも通知などが出されています。室内管理については厚労省から、室外の樹木や公園 (マンションの緑地や民間の庭も含む)については、環境省から、通知やマニュアルが出されています。

               
              行政への働きかけ

              引き続き昨年も、化学物質や農薬・殺虫剤に暴露しない安全な環境を実現するために、行政に働きかけを行いました。昨年は、松戸市 市議会議員の山中啓之 議員と、市原市の小沢美佳 議員を訪問し、この問題について取り組んでいただくようお願いし、9月と12月には、議会質問をしていただきました。

              市原市の議会答弁については、疑問を感じる点があり、会の皆で検討した結果、会からの再質問を議員を通してしていただきました。

              松戸市では、議会質問を受けて今年の7月には、市役所の職員対象の研修会も開催され、高い出席率がありましたので、大きな改善が見込めそうです。

               

              そんなこんなの1年でした。

              | - | 14:12 | - | - | - | - |
              今ごろ、お礼です。。。
              0
                 暑い、あづいと言っている間に、もう少しで9月。。 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

                大飯原発も、稼働しなくても夏を乗り切れたことが判明しても、夏限りで停止という声も出て来ませんね。変〜。 

                ●さて、「いのちの林檎」の上映会には、170名もの大勢の方の参加と、たくさんのカンパも頂戴し、体調を崩す患者さんもなく、無事開催することが出来ました。

                実は、「いのちの林檎」上映会の会場でもアナウンスさせていただきましたが、私たちには、とても背伸びをした企画でした。もっと、分かりやすく言えば、とっても資金不足でした。

                赤字覚悟で、、、、かぶる覚悟で企画を立ち上げはしたのですが、本当に、ありがたいことに、予想以上の方にこの映画を見ていただき、おまけにカンパもいただいたので、上映に必要な経費を無事、支払うことが出来ました。

                上映会への参加とカンパ、ありがとうございました。


                ●黒田洋一郎先生の講演会は、2009年に「やったね!化学物質過敏症 病名登録記念シンポジウム」を開催したときに、患者の皆様などから頂戴したカンパの残金を、社会に還元する意図もあり、開催しました。

                おかげ様で、100名近い方に参加いただき、黒田先生のお話、とても好評でした。

                世の中、なかなか変わりませんけど、だからと言って何もしないと、何も変わりません。
                しんどくても、声をあげないと変わらない。

                動いていれば、変わるかもしれないと、いちるの希望を持ちつつ、また、動き出しています。

                今後とも、どうぞ、ご支援をよろしくお願いいたします。(き)
                | - | 22:33 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                いのちの林檎 準備状況
                0

                  いよいよ、明日、映画「いのちの林檎」の上映会です。

                  スタッフ一同、身を削り誠心誠意、準備に取り掛かってきました。

                  化学物質過敏症の患者さんからも、参加したいと、何件も問い合わせがありました。
                  なるべく、安全で健康な環境にしたいと、
                  わたしたちは、できる限りの手は尽くしています。

                  ・トイレの芳香剤の撤去
                  ・館内および、樹木の殺虫剤散布の有無の確認
                  ・当日の清掃では、洗剤を使用しない

                  患者さん用の席も、通路の後ろに、たくさん確保しました。

                  ひとつ、会場に来られる方に注意の呼びかけを、徹底できなかったのが気がかりです。

                  @会場に、お越しの皆様へ
                  香水や、香料の強い化粧品や、香料の強い洗剤で洗った衣類などは、控えてください。
                  クリーニングや、防虫剤の成分が残った衣類も、控えてください。
                  よろしくお願いいたします。

                  それでは、皆様、明日、お待ちしております

                  生活環境を健康にする会

                  | - | 17:36 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                  化学物質で脳にダメージ!?
                  0
                         〜 講演会のお知らせ〜

                        
                    「化学物質で脳にダメージ!?」

                    わたしたちは、多くの化学物質に囲まれ生活しています。
                    タバコの煙、衣類の防虫剤、トイレの消臭剤、部屋の芳香剤、虫よけ、除菌剤、匂いのキツイ洗剤、毛染め、庭木の消毒(殺虫剤)、建材、本のインク・・・と、キリがありません。

                    呼吸と一緒に吸い込み、知らないうちに体は化学物質の影響を受けています。年々増え続ける子どもの発達障がい。
                    化学物質と脳の関係を分かりやすく話していただきます。

                    日時
                    :5月12日(土) 
                    9時45開場 10時〜12時

                    会場:船橋市民文化創造館 きららホール
                       フェイスビル6階 
                    (船橋駅 駅前) 
                        千葉県船橋市本町1−3−1

                    講師:黒田 洋一郎 氏 脳神経科学者・医学博士

                     {プロフィール} 東京大学農学部農芸化学科卒業 
                     東京大学大学院博士課程単位取得退学(分子遺伝学)
                     ロンドン大学精神医学研究所留学 
                     (元)東京都神経科学総合研究所 参事研究員

                     著書:アルツハイマー病(岩波新書)、脳と神経の科学(オーム社)など
                     
                    資料代:500円

                    問い合せ先:
                     生活環境を健康にする会  メールアドレス
                            seikatukankyo@gmail.com


                                  
                     
                    | - | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    映画 「いのちの林檎」 上映会
                    0

                      映画「いのちの林檎」は、重症の化学物質過敏症の早苗さんと、無農薬栽培のリンゴ農家・木村秋則さんを追ったドキュメンタリー映画です。 日本初の化学物質過敏症を扱った映画です。 

                      暮らしの中に化学物質があふれている現在、誰が、いつ、化学物質過敏症を発症してもおかしくはありません。早苗さんの置かれている状況は、他人事では決してないのです。

                      生活環境を健康にする会では、下記日時で上映会を行います。みなさん、どうぞ鑑賞にいらしてください。

                      日時: 2012.4.26(木)

                          
                      場所: 船橋市勤労市民センター   ホール 

                             (JR船橋駅・京成船橋駅から 徒歩5〜6分)

                      時間:
                      ●10時開場 10時半〜「いのちの林檎」協力金 1000円

                      ●14時〜15時 上映「ミツバチからのメッセージ」無料

                      ●18時開場 18時半〜「いのちの林檎」協力金 1000円
                         
                      午前と夜間の2回上映いたします。
                      合間の14時〜15時には、「ミツバチからのメッセージ」を上映します。ミツバチからのメッセージは、無料でご覧になれます。

                      いのちの林檎公式サイト ( 動画もあります。)
                      http://www.inochinoringo.com/

                      あらすじ

                      化学物質過敏症の早苗さんは、安全な場所を求め標高千メートルの山の中で、テント暮らしを余儀なくされています。

                      早苗さんは、山の上を飛行機が飛ぶと、その低周波でも苦しみ、また、微量の化学物質が山中にさえも飛んできて、発作は止まりません。山中を転々と避難し続ける厳しい生活です。このような現実を映像で見て、驚かれる方も多いでしょう。

                      しかし、安心して呼吸できる・暮らせる場所が無い。これは、全国に100万にいるといわれている化学物質過敏症の患者の多くが抱えている問題です。

                      一方、無農薬・無肥料のリンゴ栽培に成功したリンゴ農家の木村さん。

                      現在、木村さんのリンゴ園では、たわわにリンゴが実っていますが、その過程に至るまでの17年に及ぶ苦闘たるや、すさまじいものがあります。まさに命をかけて作ってきたリンゴです。

                      かつて、早苗さんが水も飲めなくなり生命の危機に瀕した時、命を救ったのは、木村さんの一切れのリンゴでした。

                      | - | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      生活環境を健康にする会 について
                      0
                         
                        私たちは、主に化学物質過敏症の発症者とその家族、支援者等が集まって活動している市民団体です。
                         
                        「化学物質過敏症の患者が住みやすい環境を実現することは、未来世代の子どもも含めたすべての人の健康が守られることにつながる。そういう社会を実現していく」が会のメンバーの共通の想いです。
                         
                         千葉県船橋市の市民活動センターにて、毎月1〜2回、定期的にミーティングを行っています。( 現在のところ、会費はありません。)
                        これまで、千葉県の県立学校や千葉市内の公共施設のトイレボール(パラジクロロベンゼンが成分で発がん物質)の撤去を実現しました。

                        また、それぞれの住んでいる行政区に対して、公園や街路樹への農薬散布、および公共施設の建物内での殺虫剤散布の実態調査を行ってきました。

                        EUやアメリカでは人の脳や神経に対しての毒性の高さが問題視され、使用禁止に追い込まれた農薬や殺虫剤が、調査の結果、日本においては公共施設の建物の内や、公園・街路樹などの樹木に対して、安易に、多用されていることが分かりました。

                        私たちは、農薬や殺虫剤が及ぼす子どもや胎児への脳への影響を懸念し、行政に対して粘り強く改善を求めて、働きかけをしてきました。



                        世界中では10万種と言われる化学物質が使用され、わたしたちは化学物質の海の中で暮らしており、誰もが化学物質過敏症を発症しうる環境で暮らしています。

                         マンションの共有緑地では、消毒という名称で年に何度も殺虫剤(=農薬)や除草剤が散布さています。一戸建では、庭のバラや樹木への散布に加え、床下へのシロアリ駆除剤の散布も行われています。

                        これらは、化学物質過敏症の発症原因として多くの報告があります。

                        住宅では建材に含まれる接着剤や防腐剤などが原因で、シックハウスを発症することも。

                         子ども達が毎日過ごす学校でも、ワックスや香料・殺菌剤などが添加された石けんなどの化学物質が使用されており安全とは言えません。

                         家庭においても、除菌剤、衣類の防虫剤、殺虫剤、芳香剤や洗剤など、さまざまな化学物質が使用されており、私たちは知らず知らずのうちに影響を受けています。
                         
                        原因不明の頭痛や、鼻血、ぜんそくや花粉症などのアレルギー症状の悪化など、さまざまな症状で影響があらわれることがあります。 また、アトピーなどのアレルギーを誘因することもあります。

                         身近な化学物質のことを知ることで、避けられる健康被害もあります。

                        わたしたちと一緒に勉強し、活動しませんか。

                         ご連絡は、こちらまで↓お願いします。 生活環境を健康にする会 
                         
                        seikatukankyo@gmail.com
                        | - | 17:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                        | 1/1PAGES |